勃起不全または前立腺肥大に対するタダラフィル

タダラフィルについて

タダラフィルは、勃起不全の成人男性、または前立腺肥大による排尿症状のある男性の治療用です。

医薬品の種類ホスホジエステラーゼ5型阻害剤
効果効能成人男性の勃起不全、前立腺肥大症
別名シアリス(Cialis)
剤形錠剤


勃起不全(インポテンス)とは、勃起しない、または勃起を維持することができない状態を指します。原因はいくつかありますが、最も一般的なのは、陰茎に血液を送る動脈の狭窄によるものです。

タダラフィルは、体内のホスホジエステラーゼ5型と呼ばれる化学物質の働きを阻害することで効果を発揮します。これにより、血管を弛緩(広げる)させ、性的刺激に伴う陰茎への血流を改善します。これにより、勃起を維持することができます。

タダラフィルは、前立腺肥大の男性にも処方されます。前立腺は、一般的に高齢の男性で大きくなります。この状態は、前立腺肥大症(BPH)とも呼ばれます。前立腺は膀胱の近くに位置しているため、その肥大は尿の通過に問題を引き起こす可能性があります。一般的な症状としては、尿が出るまで時間がかかる、トイレで時間がかかる、尿が垂れる、膀胱がなかなか空にならない、などが挙げられます。タダラフィルは、前立腺や膀胱への血流を改善し、これらの部位の筋肉を弛緩させることで効果を発揮します。これらの作用により、尿がより出やすくなります。

タダラフィルを服用する前に

薬には、特定の条件を持つ人に適さないものがあり、また、特別な注意を払わないと使用できないものもあります。これらの理由から、タダラフィルの服用を開始する前に、医師が知っておくことが重要です。

  • ペニスに病気や怪我、奇形がある場合。
  • 心臓病、または血管の病気を持っている場合。
  • 視力低下を引き起こす目の病気にかかったことがある場合。
  • 低血圧または狭心症の方。
  • 肝臓や腎臓の働きに異常がある方
  • 脳卒中または心臓発作を起こしたことがある場合。
  • 鎌状赤血球の病気を患っている場合。
  • 骨髄癌や白血病にかかったことがある方。
  • 他の医薬品を服用または使用している場合。これには、処方箋なしで購入できる薬、ハーブや補完的な薬、娯楽用の薬も含まれます。
  • 薬に対してアレルギー反応を起こしたことがある場合。

タダラフィルの服用方法

タダラフィルを服用する前に、パッケージの中に入っているメーカーの印刷された情報リーフレットを読んでください。このリーフレットには、錠剤についての詳細と、服用によって起こる可能性のある副作用の完全なリストが記載されています。
タダラフィルは医師の指示通りに服用してください。錠剤にはいくつかの強さがあります。
勃起不全のためにタダラフィル10mgまたは20mgの錠剤を服用する場合:これらの錠剤は性行為の前にのみ服用してください – 毎日継続して使用するものではありません。性行為の少なくとも30分前に1錠を服用してください(服用後36時間までは効果がある場合があります)。24時間以内に1回以上服用しないでください。
勃起不全でタダラフィル2.5mg錠または5mg錠を服用する場合:1日1錠を服用します。毎日同じ時間帯に錠剤を服用してください。
前立腺肥大のためタダラフィル5mgを服用する場合:1日1錠を服用する。毎日同じ時間帯に錠剤を服用する。
タダラフィルは、食事と一緒でも、食事抜きでも服用できます。錠剤を水と一緒に飲み込んでください。
処方箋を受け取るたびに、あなたが期待している錠剤の強さが含まれていることを確認してください。

治療効果を最大限に引き出すために

タダラフィルと一緒にグレープフルーツジュースを飲まないことが推奨されています。これは、グレープフルーツジュースに含まれる化学物質が、血流中のタダラフィルの量を増加させる可能性があるためです。これにより、副作用が起こりやすくなる可能性があります。

勃起不全のためにタダラフィルを服用している男性への追加情報

勃起不全の薬を服用していない時と同じように、あなたとあなたのパートナーは前戯を行う必要があります。タダラフィルは、性的興奮がない限り勃起を引き起こしません。

タダラフィルの服用を予定する前に、大量のアルコールを飲まないでください。アルコールを飲み過ぎると勃起力が低下し、錠剤の効果を最大限に発揮できない可能性があります。

ダラフィルを服用しても勃起しない、または性行為を行うのに十分な時間持続しない場合は、医師に相談してください-指示された以上の錠剤を服用しないでください。また、錠剤が強すぎると感じる場合は、これも医師と相談してください。

他の製品を使用している場合、または勃起不全の治療のために他の医薬品を服用している場合は、タダラフィルを服用しないでください。

タダラフィルの副作用

有用な効果とともに、ほとんどの医薬品は望ましくない副作用を引き起こす可能性がありますが、すべての人が経験するわけではありません。以下の表は、タダラフィルに関連する、より一般的なものを含んでいます。あなたの薬に関連する副作用の完全なリストを見つけるには、薬に付属するメーカーの印刷された情報リーフレットが最も適しています。

一般的なタダラフィルの副作用(10人に1人以下が該当します)このような症状が出た場合、どうすればいいですか?
頭痛、筋肉痛、痛み薬剤師に適切な鎮痛剤を勧めてもらいましょう。痛みが続くようであれば、医師に伝えてください。
消化不良、顔面紅潮、気分が悪い(吐き気)、鼻が詰まるこれらは、すぐに通過するはずです
めまい、視力障害反応や視力が正常に戻るまで、運転や道具・機械の使用はしないでください


重要:勃起が4時間以上続く場合、胸の痛み、突然の視力や聴力の低下が起こった場合は、すぐに医師に連絡し、医師の診察を受けてください。

その他、錠剤が原因と思われる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談し、詳しい説明を受けてください。

タダラフィルの保管方法

  • すべての医薬品は、子供の手や目の届かないところに保管してください。
  • 直接熱や光の当たらない、涼しく乾燥した場所に保管してください。

タダラフィルの個人輸入

私たちは法的かつ安全な方法でタダラフィルを購入することをお勧めします。通販サイトには、偽の薬品が販売されている場合があるため、注意が必要です。

タダラフィル 通販購入する場合、まずは医師に相談し、処方箋を入手することが重要です。処方箋があれば、信頼できるオンライン薬局を選び、そこで購入することができます。

また、個人輸入という方法を使ってタダラフィルを入手することもできますが、個人輸入には厳格な規制があり、自己責任で行う必要があります。個人輸入をする場合には、信頼できる業者を選び、違法なものを避けるようにしましょう。