アバナフィル 100mg と 200mg、どちらを選択するのが安全か

アバナフィル 200mgの方が早く効きますか?

アバナフィルは現在100mgと200mgの用量があり、一般的にアバナフィルの説明書内の作用発現は15分かかると記載されており、このクラスの中ではスピードが物足りない方です。 ED患者を対象に、投与15分後のアバナフィルの有効性を調べた12週間の4相無作為化二重盲検プラセボ対照試験では、投与10分後のアバナフィル200mg群と投与12分後の100mg群の間で作用発現時間に有意差は認められませんでした。

アバナフィルの異なる用量の副作用は何ですか?

第4世代のED治療薬アバナフィルのさまざまな副作用は、他の 3 つ (シルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィル) よりも比較的小さいですが、下の表の 200mg アバナフィルの研究データは、一般的な副作用を示しています。しかし、それらはすべて10%未満ですが、異なる用量間の副作用の発生率は依然として異なります。

有害反応アバナフィル200mgシルデナフィルタダラフィルバルデナフィル
頭痛9.3%12.8%14.5%16%
潮紅3.7%10.4%4.1%12%
消化不良レア4.6%12.3%4%
鼻づまり1.9%1.1%4.3%10%
めまい0.6%1.2%2.3%2%
異常な視力無し1.9%<2%
背部痛<2%6.5%
筋痛<2%5.7%

下表より、頭痛・めまいの発生率は4.4%であり、200mgの頭痛の発生率を4.9%下回っていることがわかる。

有害反応アバナフィル100mg(N=68)
頭痛4.4% (3)
潮紅2.9% (2)
吐き気2.9% (2)
鼻づまり1.5% (1)
めまい4.4% (3)
腹部不快感1.5% (1)
ほてり4.4% (3)
動悸2.9% (2)

このように、アバナフィルの用量が異なっても、200mgで副作用の発現率が高いことを除けば、基本的に同じであることがわかりますが、それと比較すると、アバナフィルは4種類の中で最も副作用が少ないことがわかります。

年齢層ごとに異なる用量のアバナフィルを選択する方法

現在、アバナフィルは100mgと200mgに分かれています。 初めて薬を服用する患者には、薬の効果を観察し、副作用の発生を減らすために、少量から始めることをお勧めします。100mgアバナフィル 硬 さは、初めての方でもきっと満足できるでしょう。

体の適応度の変化に合わせて徐々に多量に調整していきますが、同じ薬を長期間服用すると体が薬物不耐症を発症する場合は、200mgに変更することができます。 もちろん、100mgにするか200mgにするかは、吸収状況や耐性状況など、一人ひとりの体調に合わせて選択する必要があります。

アバナフィル 200mg の用量が人体の最大吸収レベルに達した後、その薬効は比較的明白であり、ほとんどの ED 患者にとって、彼らは中高年男性であるため、このグループの代謝と吸収能力は比較的低い。ある程度の減少があり、薬物の代謝が比較的遅くなり、この状況は、人体における薬物の分布容積を広げることにつながるだけでなく、血中薬物濃度が組織に蓄積する原因にもなります。したがって、年配の男性は、一般的な治療用量として100mgのアバナフィルを選択することをお勧めします

45歳未満の若年・中高年・成人男性で、EDの経過が長い場合は、これまでの内服薬でシルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルのいずれかで症状の改善効果が顕著ではありません。この場合、肝臓と腎臓の機能が正常で、体の吸収と代謝の状態が完璧であれば、200mgのアバナフィルを選択してください。薬物のより高い吸収度を利用することは、より良い症状の改善を達成するために、人体における薬物のより大きな作用強度を保証することができます。